ダイエット中の女性
 

ダイエットが原因となる肉割れとは?ダイエットして痩せれば消える?

間違って紹介されることが多いのが肉割れとダイエットによる関係です。

肉割れは体系が大きくなるのが関係をしており、太ることが原因となることが多いです。
しかし、ダイエットをして痩せても肉割れの原因となってしまうことがあります。

実際ダイエットで痩せたら肉割れができたって人はたくさんいます。

小さくなっても皮膚の伸縮に耐えられないなんて間違った情報を見かけますが、但し理由を知らず失敗をしてしまう人は多いです。

この記事では下記の2つの人の肉割れとダイエットについて解決することができるようになっています。。

  • 肉割れができたから消す為にダイエットする人
  • これからダイエットするから肉割れができないか心配な人

間違った情報で肉割れ線の数が増えたり、ケアしているのに効果もなく失敗をしている人も多いので、騙されないようにしてください。

ダイエットが原因となる肉割れ

ダイエットが肉割れの原因となるのは下記の2つが合わさるとです。

  • 肌が乾燥をしている
  • 筋肉が増加をする

女性であればダイエットで痩せる為にランニングやサイクリングなどを集中して行う人が多いです。
男性であれば筋トレを重視することが多いです。

そのため、脂肪は減少をするものの、筋肉が増加をしてしまうので、ダイエットで肉割れができる原因となります。

太ったことによる脂肪が増加による人が多いですが、「肉割れの原因」で解説しているように、筋肉の増加も関係をしてきます。

これに加えて肌が乾燥をしている人だと弾力が失われてできやすくなります。

肉割れはダイエットで痩せてもできる?

結論から言えば肉割れはダイエットで痩せてもできることはありません。

体系が大きくなることで内側の皮膚が切れることが原因となってくるので、痩せて小さくなっても皮がたるむことはあっても、肉割れ線ができるようなことはありません。

ただ、筋肉を急激に増加させてしまえば、できる可能性がでてくるのですね。

しかし、脂肪とは違い筋肉が付くまでには時間がかかるので、ダイエットで肉割れができることは少ないです。
ひたすら走ったりサイクリングで下半身だけを鍛えたり、筋トレで上半身だけを鍛えたりせずに、無理なく運動をしていくことが大事なのですね。

実際、ボディビルダーの人はひたすら筋トレを繰り返すので、肉割れができている人はたくさんいます。

ダイエットしていないのに肉割れができた

ダイエットしてないのに肉割れができたと嘆く人もいますが、関係ありません。

結論から言えば肉割れはダイエットをしたら出来る症状ではありません。
肉割れができる人は太った脂肪の増加が原因となる人が圧倒的に多いです。

そのため、肉割れができた人の多くはダイエットをして痩せようとします。
痩せることで消えることはありませんが、更なら線の増加や消す為のケアにも原因の解消は必要となるからです。

このためか『肉割れはダイエットをするとできる』と勘違いをされることもあります。
ダイエットしていないのに肉割れができたのであれば、脂肪や筋肉が増加をしたからです。

太った覚えがない人は肌が乾燥をして弾力が失われており、その状態で脂肪や筋肉が付いたのが考えられます。

肉割れを『ダイエットの証』と考えてる人もいますが、どちらかと言うと「脂肪線やデブ線」と呼ばれており、『太っていた証』と言われます。

肉割れを消す為にダイエットして痩せる

太った人は肉割れを消す為にダイエットをすることは重要です。
但し、必ずしも痩せる必要があるのではなく、今よりも太らないことが大切です。

肉割れを消したいのなら下記の2つのことが重要となります。

  • 原因の解消
  • 肉割れクリームによる

ケアを継続しても原因を与えて続けてしまえば、効果がないどころか肉割れ線の数が増えることもあります。

原因となっているのは脂肪の増加なので、大切なのはダイエットで痩せるのではなく、今よりも太らないことです。

その上でダイエットで痩せることもできれば、肌機能の働きも高まるので、より効果を高めることができます。

肉割れを消す為にはダイエットで痩せながら、アフターケア用意のクリームを使っていくようにしましょう。

肉割れを消す方法まとめ!私の肉割れが消えた体験談や原因まで解説

肉割れはダイエットで痩せれば消える?

勘違いをしやすいのが太ったのがいけないのなら、ダイエットで痩せれば肉割れは消えるのかです。

痩せることで更に肉割れができるのを防ぐことはできますが、消すすことはできないです。肉割れの原因は皮膚の奥にある真皮や皮下組織が切れてしまっていることです。

いくら痩せたといっても切れた皮膚が元通りになる効果がある訳ではありません。
肉割れは太ることで内側の皮膚が切れることが原因であり、痩せたとしても消える訳ではありません。

肌が乾燥をしていれば弾力が失われ、痩せている人でも脂肪や筋肉の増加で、肉割れ線ができることさえあります。

痩せると肉割れは目立つ?

よく見かけるのが痩せると肉割れが目立つようになるってことです。

確かに肉割れ線の状態や部位によって、その可能性がない訳ではありません。
しかし、基本的には痩せると肉割れが目立つようなことはないです。

実際、私も太ってできたひとりであり、ダイエットもしましたが目立つことはありませんでした。

太った状態は肉割れができたことからも分かるように、パンパンになっているので肉割れは目立ちやすいです。
しかし、痩せればその状態も解消がされるので、目立たなくなってきます。

私の今の写真も「私の肉割れ体験談!太ったことによるデブ線・脂肪線のケア」では掲載していますが、目立たなくなっているのが分かります。

ダイエット中の肉割れクリームの選び方

ダイエット中の肉割れクリームの選び方としては、下記の2つのうちどちらに当てはまるかで変わってきます。

  • できた肉割れを消したい人
  • ダイエットで肉割れができないか心配な人

肉割れクリーム」の記事で解説をしているように、様々な種類のがあります。

そのため、できた肉割れを消したい人向けのもあれば、予防したい人向けのもあります。
他には市販の安いクリームを使えば良い人もいるので、それぞれの人がどういったのを使えば良いのか解説していきます。

ダイエットで出来た肉割れを消したい人

太ったのが原因で肉割れができてダイエットをする人はアフターケア用のクリームを使うようにしましょう。

アフターケア用のクリームには保湿成分も配合されているので、ダイエット中に新たにできるのを防ぐ為の、予防対策としての効果も期待できます。

また、各クリームによって特徴がありますが、レジストリルのような臨床試験で色やくぼみを解消する効果があった成分が配合されていたりします。

ダイエット中の肉割れの予防とアフターケアの両方ができるようになっているのですね。

評判が良いのや私が実際に使ったのは「肉割れクリームランキング」で全て紹介がされているので、このままご覧ください。

ダイエットで肉割れができないか心配な人

まだ肉割れはできていないけど、ダイエットで肉割れができないか心配な人は、2種類のクリームから選ぶようにしてください。

  • 予防向けの肉割れクリーム
  • 市販の保湿クリーム

肉割れの予防に大切なことは肌を保湿してうるおいを保ち、弾力を高めていくことです。

そしてダイエットをする人は特定の部位だけをひたすら鍛えて筋力を増加させずに、無理せずに痩せていくことです。

絶対に肉割れを作りたくないって人であれば、予防向けの肉割れクリームを使えば良いですし、安いのが良いって人であれば市販の保湿クリームを選ぶようにしましょう。

まだできてないけどダイエットをする人は「薬局やドラッグストアで市販の肉割れクリーム」も合わせてご覧ください。

ダイエット後はお腹や太もものたるみに効果がある

ダイエットで痩せた後に問題となってくるのが、たるんだ皮膚です。

特に太りすぎてた人だと痩せても皮膚がだるんだるんになってしまい、だらしない状態になってしまいます。
このたるんだ皮膚を引き締めるのに必要なのが、保湿をして肌にうるおいを保つことです。

肉割れクリームは保湿力を考えて成分を配合されているので、ダイエットで痩せた後のたるみにも効果を期待することができます。

肉割れがまだ目立つのなら、アフターケア用のクリームを使い続ければ良いです。
目立たなくなったからもういいやと感じるのであれば、市販の保湿クリームだと安いので変えることもできます。

ピックアップ記事

  1. イビサクリームの口コミ
    イビサクリームを使ったので本当に使用した私の口コミを紹介しています。また、SNSなどでの口コミも合わ…
  2. メイドバイマムの口コミ
    産後の正中線クリームとして口コミでも人気となっているのが「メイドバイマムクリーム」です。メイ…
  3. ダイエット中の女性
    間違って紹介されることが多いのが肉割れとダイエットによる関係です。肉割れは体系が大きくなるの…
PAGE TOP